【肌トラブルを解消しよう】シミ治療の特徴を詳しく紹介

医者

美容整形で悩みを解消

顔を触る人

利用時は注意が必要

美容整形外科を利用する前にある程度の基礎知識を確認しておきましょう。シミの治療なら美容皮膚科になります。ちなみに、治療するのは殆ど、顔に出来たシミになります。身体の中でも顔が一番、目立つ場所といっても言い過ぎではありません。そして、シミは皮膚の下に出来た色素沈着です。当然、顔はむき出しのままですから、この色素沈着が起こりやすいです。女性の場合、シミを化粧などで隠そうとするはずです。しかし、それがかえって逆効果となってシミが広がってしまいます。なので、大きくなる前に治療した方がいいでしょう。その場合、利用するのが美容皮膚科になります。それにシミには色々な種類があり、治療法も幾つか存在します。まずは医師の診断を受けておく必要があります。さらにどんなシミなのか患者本人も知っておくと治療はスムーズに進みます。ちなみにピンポイントのシミ対策に効果的なのがレーザー治療になります。レーザーの波長はメラニン色素に対して吸収が高いからです。それにコラーゲン組織やヘモグロビンとの吸収差も大きいです。なので、メラニン性皮膚色素疾患の治療に最適と言われています。まず、流れとしてはレーザーを当てるところのメイクを落とします。次はレーザーを治療したい部位に照射します。この際、気になるのは痛いのではないかという点でしょう。確かに痛みはあるものの、軽く輪ゴムではじかれた程度です。気になるなら局部麻酔も可能です。最後は照射したところに軟膏などを塗ってテープを貼ります。ちなみに一週間は貼ったままにしておきましょう。万が一、剥がれてしまった場合、クリニックでもらったテープをハサミで切って貼りましょう。徐々にかさぶたが出来てくるのでなるたけ、触らないようにしましょう。一週間後、テープを剥がした後もなるたけ、紫外線には当たらないように気を付けてください。再び、シミが出来ることがあるからです。そして、施術後のケアもしっかり医師に訊いてくことが大切です。ちなみに施術後の洗顔はなるたけ、こすらないように気をつけましょう。